スキンケア

シミのない美白を目指す!日焼け止めの選び方と上手な塗り方

「シミ対策に日焼け止めはマスト」。

それはわかっているけど、

「いったいどんな日焼け止めを選べばいいの……?」

「SPAとSPFの違いって?!」

日焼け止め一つでも、いろいろな種類があり、自分にあった使い方があります。

今日は、日焼け止めの基礎知識日焼け止めの種類と選び方お肌を紫外線から守るための正しい塗り方などをマスターしてもらい、「年中美白」を目指してもらいます。

 

 

日焼け止めに書かれているSPFとPAの違いって?

日焼け止めを手に取ると、「SPF」や「PA」という表示がありますよね。

これはいったい何を示しているかご存じでしょうか?

SPF」と「PA」は、一言でいうと日焼け止めによる紫外線の防止効果を示す指標です。

「SPF」と「PA」の2つの違いを理解することで、TPOや肌の悩みに合わせて、自分にあった日焼け止めを選べるようになります。

 

SPF

「SPF」とは、紫外線が短時間降り注ぐことで肌に炎症を起こしたり、真っ赤に腫れ上がってメラニン色素沈着の原因にもなるUVB(紫外線B波)を防ぐ指数のこと。

「SPF」には、1~50くらいまでの数値があり、日焼け止めを塗らない状態よりも日焼け止めを塗ることでUVB(紫外線B波)をどれほどブロックできるのかを示しています。

数値が高ければ高いほど、UVB(紫外線B波)を防御する確率はアップします。

 

PA

「PA」とは、徐々に肌のハリの弾力をうばったりシミの原因にもなるUVA(紫外線A波)を防ぐ指標のこと。

こちらは、4段階の+のマークで表示されています。+の数が多ければ多いほど、紫外線をブロックする力が強いことになります。

UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
内部リンク:季節ごとに上手な紫外線対策&お肌のお手入れ。パーフェクトな美白を目指しましょう!

 

どの基準でSPA とPAを選ぶべき?!

「SPA」と「PA」の違いについては、なんとなくご理解いただけましたか?

では、どういう基準でどのくらいの数値の日焼け止めを選べばよいのでしょうか?

近所に買い物に行くのと、夏場に一日中レジャーに行くのとでは、日焼け止めの選び方だって違いますよね?

用途に応じて、日焼け止めの「SPA」と「PA」は使い分けたいところ。

TPOに応じてどの日焼け止めがいいのか迷ったときには、以下を参考にしてみてください。

日焼け止めの選び方

○コンビニやスーパーへの軽い外出
FPS10~20、PA+~PA++

○外での軽い運動、短時間のレジャー
FPS20~30、PA++~PA+++

○炎天下でのレジャー、ビーチなど
FPS30~50+、PA++~PA++++

○敏感肌の人が紫外線の多い場所に長時間行く場合
FPS40~50+、PA++++

 

日焼け止めを選ぶときのコツは、滞在時間で日焼け止めを選ぶのではなく、自分が行く場所の紫外線の量や、それによってどのくらい日焼けをしやすい、といった自身の体質を把握すること。

かりに、あなたが敏感肌タイプで、短時間でも紫外線の強い場所に行くのであれば、「SPA」「PA」ともに数値の高いものを選ぶようにしてください。

とくに汗をかきやすい夏シーズンは、2~3時間おきに日焼け止めをこまめに塗り直すようにしましょう。

 

 

顔用と体用の違いって?

日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶときに「顔用」「体用」といった表示に少し戸惑うことがありませんか?

あまりに気にせずにつけてしまう人も中にはいると思いますが……ここは、きちんとその違いを理解してうまく使い分けたいところ。

顔用と体用の違いについては、一言でいうと「体用」の方が効果が強いことです。

つまり、その分肌への負担も強いということになります。

「顔用」の日焼け止めは体用にくらべて肌への負担も少ないため、顔用の日焼け止めを体に塗ることには何の問題もありません。

しかし、体用の日焼け止めを顔に塗ってしまうと、肌荒れもの原因にもなることがあるので要注意!

 

 

日焼け止めの種類って?!

ご存知のように、日焼け止めにはいくつかの種類があります。

それぞれの商品によってその性質や用途もことなります。

日焼け止めを選ぶ際にもっとも大事なことは、自分の体質に合わせて適切なものを選ぶこと!

そうしなければ、せっかく日焼け止めを塗っているのに効果がなく、シミやシワだらけのお肌になってしまいます。

 

クリームタイプの日焼け止め

クリームタイプの日焼け止めは、保湿力が高いことがメリット。

そのため、乾燥しがちな肌の人にもおすすめです。

同時に、防水性にも優れているので、化粧をするときの下地にも最適といえます。

しかし、油分が多くて伸びが悪いなどのデメリットもそれなりにあります。また、落としにくいなどの特徴もあるので、眠る前はしっかりとクレンジングなどで落とす必要があります。

 

乳液(ミルク)タイプの日焼け止め

 

乳液(ミルク)タイプの日焼け止めは、刺激が弱く、敏感肌の人にはおすすめです。

また、ミルクタイプの日焼け止めは、伸ばしやすく落としやすいといったメリットもあります。

しかし、逆にいえば落ちやすい、ともいえるので、場所や時期によってはこまめに塗りなおす必要があります。

 

ローションタイプの日焼け止め

ローションタイプの日焼け止めは、日焼け止めの中でもとくに肌に優しいタイプです。

しかし、その分SPFやPAは低くなってしまうので、紫外線防止効果としては効果は薄いです。しかし、ちょっと近場へ出かけるときに使うには大変おすすめです。

 

ジェルタイプの日焼け止め

ジェルタイプの日焼け止めは、使い心地がさらっとしているタイプが多く、伸びもよいです。

しかし、肌への刺激がやや強いため、使うときは注意する必要があります。また、クリームタイプの日焼け止めに比べて保湿力が弱いため、乾燥肌の人には向いていません

 

スプレータイプの日焼け止め

海外に行くと、ビーチでスプレータイプの日焼け止めを使用している光景をよく見かけませんか?

スプレータイプの日焼け止めは、背中など手が届かない場所でも簡単に塗ることができるため、とっても便利。

しかし、手で塗るわけではないので、塗りムラができたり、必要以上に吹きかけてしまうといったデメリットも。

 

スプレーで全身に塗ったら、手で良く伸ばすなどして、しっかりと塗ることを心がけてみましょう。

 

 

塗り忘れてはいけない場所

いざ、自分に合った日焼け止めを見つけて愛用しても、塗り方がざつだったり、塗りむらがあると、日焼け止め効果がうすれてしいますよね。

日焼け止めを塗るときに、うっかり塗り忘れてしまいがちな場所があります。

 

●顔編「髪の生えぎわ」「うなじ、首」「眉間」「耳」「小鼻の周辺」
●体編「わき」「手足」「甲」「ひざ裏」「かかと」

 

細かい場所をいえばきりがないですが……首や髪の生え際部分は、とくに日焼けしやすい場所なのに、なぜか塗り忘れている人も多い場所。

ぜひこの機会に、しっかりと意識するようにして塗ってみてくださいね。

 

日焼け止めを塗るときは、全身にムラなく塗るために、しっかりと重ね塗りしましょう。

特に、おでこや鼻の周り(くぼみ部分)や頬など、高さのある部分は日焼けしやすいといわれています。

汗で日焼け止めが落ちやすいときは、必ず2~3時間ごとに塗り直すようにしてみてくださいね。

 

 

上手な日焼け止めの塗り方(顔編)

 

上手な日焼け止めの塗り方

 

塗りムラを防いで紫外線からお肌を守るためにも、上手な日焼け止めの塗り方のコツをご紹介します。

  1. 適量の日焼け止めを頬や額、鼻、あごにつけます。(ポイントごとにつける)
    クリームタイプの日焼け止めは「パール粒1個分」、ジェルタイプは「5円玉」くらいが適切量です。
  2. 頬などの面積の広い場所から、日焼け止めをなじませていきましょう。
  3. 顔の中心から生え際に向かって塗り込んでいくイメージ。鼻を塗るといは、鼻すじの上から下へと塗っていき、顎を塗るときは、中心部分から左右のフェイスラインに向かって塗っていきます。
  4. 目元を塗るときは、目頭から目尻に向かって塗り込んでいきましょう。

 

 

上手な日焼け止めの塗り方(ボディ編)

 

ボディは広範囲なので、顔以上に塗りムラができやすいです。

「わき」「手足」「甲」「ひざ裏」「かかと」などはとくに意識して塗り込むようにしてください。

腕に塗るときのコツ

腕に日焼け止めを塗るときのポイントは、手のひら全体で大きく円を描くようになじませること。

  1. 日焼け止めを、ひじ部分から手首にかけて線状に垂らします。
  2. 垂らした日焼け止めを、手のひらで円を描くようになじませていきます。

 

脚に塗るときのコツ

脚に日焼け止めを塗るときのポイントは、塗りムラができないように意識して、手のひら全体でしっかりと太ももの内側やかかと、などの細かい部分を塗り込んでいくこと。

  1.  日焼け止めを、ひざから足首にかけて線状にとります。
  2. 手のひら全体で、大きく円を描くようになじませていきます。
  3. 手のひらを肌にフィットさせるイメージで、ムラなく広くのばしていきます。
  4. 太ももの内側や外側、ふくらはぎ、足の甲などもしっかりと塗り込みます。

 

 

日焼け止めを塗るときの注意点!やってはイケない日焼け止めの塗り方。

 

●保湿ケアをしないで日焼け止め塗る

肌が乾燥した状態で日焼け止めを塗ると、保湿バランスが崩れて皮脂が過剰に分泌されるケースがあります。

皮脂を過剰に出さないためにも、洗顔後は化粧水をたっぷりつけて、乳液や美容液なども使い、肌に十分な潤いを与えるようにしましょう。

時間がない方は、乳液と日焼け止めがセットになったタイプのものや、保湿や美白が一緒になったオールインワンジェルなどを選ぶとよいでしょう。

 

●手のひらですりこすり合わせて使う

このやり方で日焼け止めを塗りこんでいる人たちは、結構多いですよね。

日焼け止めを顔に塗るときのコツは、適量の日焼け止めを頬や額、鼻、あごなどのポイントごとにつけること。

そこから全体にムラなく伸ばしていくことが大切です。

いっきに塗ってしまうと、逆に塗りムラが出やすく、しっかりとした日焼け止め対策ができなくなります。

 

●家にいるときは日焼け止めを塗らない

家にいても窓を通じて紫外線は降り注いできます

紫外線は天気に限らず、四六時中降り注いでいると思ってくださいね。

そのため、外出時と同様に日焼け止めをムラなく塗り込むことがポイント。

紫外線をなんとなく浴びていると、お肌へのダメージはどんどん蓄積されていきます。

日焼け止めとセットで、美白ケアやシミケアができる美容液とセット使いすることで、大人の美肌をしっかりとキープできます。

 

●少量を薄くのばす

日焼け止めのベタつきが気になるという理由で、ほんの少量の日焼け止めしか使わず、それを薄くのばそうとする人がいます。

しかしそれだと、日焼け止めによる紫外線対策の効果が十分に発揮されません。

また、日焼け止めを丁寧に塗ろうと、指先で少しずつ丁寧に伸ばす人も多いです。

これは顔を塗る際には良い方法ですが、体は面積が多い分少量を薄くのばすという方法は、塗りムラの原因にもなりかねません。

 

 

朝晩、一液お肌にプラスするだけ!Brater( ブレイター) の濃厚美白美容液の効果って?!

Brater( ブレイター) の濃厚美白美容液には、紫外線対策にはマストでもある美白×保湿効果の高い、化粧にはないエキスがたっぷりと配合されています。

美白の有効成分である「トラネキサム酸」や油溶性甘草エキスやアセチルチロシンなどの9種類の美白成分が、シミやくすみの原因となるメラニンの生成やメラニンの生成を促す酵素を抑え、クリアな美白へと導いてくれます。

「鏡を見るたびに、シミやくすみが悪化している気がする..。」

自分の肌を見るのも憂鬱になる30代、40代。「えぇ、こんなところに大量のシミが!」と、気がついたときには手遅れになっているかもしれません。

10代や20代の頃に使っている化粧品からステップアップして、そろそろエイジングケアを考えたいですよね。

「できる限り、同じシリーズで揃えたい!」

「美白と保湿と、2つの願いを叶える化粧品ってあるのかしら?」

実は、あります。

そんなあなたにおすすめのエイジングケア化粧品を3点ご紹介したいと思います。

年齢を重ねるごとに気になってくる「シミ」

 

以前、美容皮膚科に行き、肌の状態をスキャナーで調べてもらったことがあるのです。そのときに医者に自分の肌内部の画像を見せてもらったのですが、

表面にでてきていない潜在シミが無数にあったのです!

シミはメラニンの塊。紫外線を浴びるとメラニン色素が黒色化し、メラノサイトが刺激され、将来のシミ予備軍である「メラニン」を作ります。

若い頃であれば、肌の新陳代謝により古い角質は自然に排出されていくのですが、年齢を重ねるごとにシミは肌の上に居座り続けてしまうのです。

このシミやそばかすを防ぐには、「メラニンの生成」を抑えることが大切なのです。

美白、シミケアに着目した「Brater(ブレイター)」

「タウンライフコスメ」から発売された3商品「Brater(ブレイター)」は、美白、シミケアに着目した化粧品。30代からシミに悩む方に最適な化粧品です。

現在でている化粧品は、以下の3種類の商品です。(すべて税抜価格)

  • 薬用ホワイトウォッシュ:3,980円
  • 薬用美白ローション:5,980円
  • 薬用美白エッセンス:7,980円

3商品ともパッケージがシンプルなホワイトで、手触りのよい厚い箱に入っており、洗練された高級感があります。

自分の肌もこんな風に白くなってくれたらいいのに..と、テンションがアップしますよね。

発売されてから全商品を取り揃え、約1ヶ月間使用してみました。

【Brater】薬用ホワイトウォッシュ

もちもち泡で汚れをしっかり吸着、その後の化粧水の浸透力をアップさせ、潤いバランスを整えてくれる洗顔料です。

 

容器から出したときは、まるで歯磨き粉のように硬いです。

この硬い成分は、国産天然粘土鉱物「ベントナイト」という弱アルカリ性の粘土。マイナスの電荷を帯びていますので、プラスの電荷を帯びた皮脂やメイクなどの脂汚れや古い角質などを吸着して流してくれます。

 

 

泡立てネットで泡立てると、こんなにも泡立つとは!ペタッと垂れてしまうことなく、きめ細かい泡がしっかりと泡立ちます。

肌につけると、ピタッと吸着。特に気になる鼻の際もしっかりと洗われている感じです。

頑固な黒ずみや固い角栓は取れませんが、洗い終わった後はキュキュッと気持ちがいい!

洗浄力が強そうと思いますが、オールシーズン使えるぐらい、洗い終わったあとはしっとりとします。

【Brater・ブレイター】薬用ホワイトウォッシュ

【Brater】薬用美白ローション

薬用美白ローションは、美白、保湿、アンチエイジングを同時に叶える化粧水。ヒアルロン酸のほかに、以下の医薬部外品指定の美容有効成分が3種類入っています。

  • アルピニアカツマダイ種子エキス
  • トラネキサム酸
  • 党参抽出物加水分解液

さらに、天然植物由来の美白有効成分「油溶性甘草エキス」を独自のカプセル技術でナノ化して配合しているため、肌の奥まで美容成分がぐんぐん浸透していきます。

 

 

肌の上にのせると、とろ?っととろみが!肌の上でなじませたあとは、手に吸い付くようにモチモチ肌に。しばらくするとサラサラに変化します。

保湿と美白、両方を同時に叶えたい人には、ぴったりの化粧水です。

【Brater・ブレイター】薬用美白ローションの購入はこちら

【Brater】薬用美白エッセンス

美白、保湿、アンチエイジングを同時に叶える美容液です。

薬用美白ローションと同じ3種類の美容有効成分と13種類の保湿成分を配合、ビタミンC誘導体とプルーン酵素分解物がダブルで配合され、美白の相乗効果があります。

 

 

スポイトつきのガラスの瓶に入っており、スポイトを持つとトロ?ッとした液体がでてきます。ただし、出しすぎるとベトベトになるので要注意!

薬用美白ローションの後につけると、さらにしっとりもちもち肌になります。1滴で十分顔全体に行き渡りますので、使用量が少なくて済みます。

首やデコルテにも使ってみましたが、1本で1ヶ月もちました。

私の肌、「無印良品」の敏感肌用化粧水ではないと真っ赤になってしまいますが、美白ローションと美白エッセンスともに1ヶ月使い続けても、全然大丈夫でした。

【Brater・ブレイター】薬用美白エッセンスの購入はこちら

お得な定期便あり。まずは試してみよう

1ヶ月試してみた結果、くすみが解消され、シミが目立ちにくくなってきました。シミのレーザー治療に行けば何万円もかかりますので、コスパはとてもよくなりました。うれしい?!

シミやシワが気になる方以外にも、Braterは以下のような方にもおすすめです。

  • 肌荒れ、毛穴の開きが気になる方
  • 刺激の強い成分ではなく低刺激の無添加処方で、しっかりと洗い流したい方

「お値段が高くて買えないわ。」という方におすすめなのが定期コース。例えば薬用美白エッセンスが62%OFF(7,980円→2,980円)になります。

全国送料無料、30日間返品保証・いつでも解約可能ですので、ぜひ1度試してみてくださいね。

【Brater・ブレイター】薬用ホワイトウォッシュ

【Brater・ブレイター】薬用美白ローションの購入はこちら

【Brater・ブレイター】薬用美白エッセンスの購入はこちら

  • この記事を書いた人

管理人

美容が大好きな一般的な会社員です。 自分なりに調べた美容方法やスキンケア、アンチエイジング等についてまとめています。

-スキンケア

Copyright© ハダレボ -美肌レボリューション - , 2020 All Rights Reserved.