ボディケア

美肌を作るバスタイム!ボディケアと快適なリラクゼーションのQ&A

お風呂は単に日々の体やメイクの汚れを落とし、リラックスするだけのものではありません。

湯船につかって体を温めたり、ストレッチやマッサージをするだけでも美肌効果はアップします。

とくに血行が滞りがちな冬場は、湯船でしっかりと体を温めて血流を良くする必要があります。

夏場はシャワーだけで済ませてしまう人も多いようですが、夏場であっても湯船につかり、体の冷えを解消したり、血流の流れをよくするなどの工夫が必要です。

今回は美肌や美ボディーには欠かせない、バスタイムの過ごし方とそのポイントについて説明していきます。

バスタイムが美肌を作る?

お気に入りの入浴剤などを入れて湯船に浸かると、とても気持ちがよくてリフレッシュしますよね。

一日のストレスを解消することができれば自律神経も整い、お肌の調子もよくなります

体の冷えはお肌の大敵でもあるので、湯船にしっかりとつかって体を温めて血行促進につなげたり、お風呂で汗をかくことで老廃物を体外へと排出し、肌の角質は柔らかくなります。

湯船につかっている時間は、マッサージによって顔のたるみを解消したり、顔パックをすることで毛穴詰まりを解消することもできます。

そういう意味でもバスタイムは、美肌を作るための時間ともいえるでしょう。

美ボディーを作るためのポイント

洗顔するときは、肌にやさしい洗顔料を使うことを意識する人も多いようですが、ボディーになるとあまり洗顔料について意識していない人が多いようです。

しかし、何も意識せずにボディーソープを使って体を洗っていると、キレイになるどころか肌を傷つけてしまう可能性さえあります。

今から美肌や美ボディーを作るための、いくつかのポイントをご紹介します。

ポイント①ボディーソープよりもシンプルな固形石鹸を使用しましょう

じつはボディーソープの使い過ぎが、肌を乾燥させてしまうことをご存知ですか?

ボディーソープはポンプ式で使いやすいのが特徴ですよね。

しかしここで気をつけたいのがその使用量です。

ポンプ式のボディーソープはとにかく使いやすく、一度にたくさんの量を使ってしまうケースがほとんどです。

泡立ちもよく、体の汚れを落とせているような錯覚さえしますが、じつは必要以上に液体を使いすぎているケースがほとんど。

固形石鹸については、一見泡立たせるのが面倒なイメージさえしますが、固形石鹸を使用している人とボディーソープを使用している人とでは、約20倍もの洗浄成分の差が出るともいわれています。

つまり、ボディーソープを使用している人は固形石鹸を使用している人よりも20倍もの刺激を与えているとも言い換えられますよね。

くれぐれも使いすぎには注意が必要です。

また、ボディーソープの中には、安価な商品もたくさん存在しますが、そういうものは肌へ強い刺激を与える成分でもある「界面活性剤」の使用量が多いものがほとんど。

それでもポンプ式のボディーソープが良い人は、その使用量に気をつけて使うようにしてみてください。

ポイント②肌は強くこすらず、手でやさしく洗いましょう。

ほとんどの人が体を洗う時に、タオルなどで体をゴシゴシとこすって洗いますよね。

しかし、ちょっとした埃や汗であれば、通常はぬるま湯でやさしく洗い落すだけで十分のようです。

体を力いっぱいにゴシゴシと洗い過ぎると、必要な皮脂まで奪ったり、肌への刺激を与えすぎて、肌を痛める原因にもなるからです。

とくに乾燥肌の人や敏感肌の人がボディーを洗うときは注意が必要です。

なるべく肌への刺激が弱い洗浄剤を選び、全身を手でやさしく洗うのがポイントです。

スポンジやナイロン製のタオルで体をゴシゴシと洗う人も多いと思いますが、それらの繊維は肌にダメージを与える場合もあるので、できれば手で洗うことをおすすめします。

なお、泡の洗い残しは肌トラブルの原因にもなるので、しっかりと泡は洗い落とすように意識してみてください。

ポイント③皮脂の多い場所や肌体質によって洗い方を工夫しましょう!

体を洗うときは、皮脂の多い場所肌体質によって洗い方を工夫することが大事です。

あなたは、人の体でいちばん皮脂量が多い場所はどこだと思いますか?

いちばん汗をかきやすいのは、次に背中といわれています。

皮脂については汗とは違い、お湯だけでは落ちないので石鹸などで丁寧に洗う必要があります。

丁寧に洗うことは大事ですが、自分が乾燥肌なのかなど肌タイプによって適した洗い方は変わるので、くれぐれも洗いすぎには注意しましょう。

ちなみに全体的に皮脂量が多い人は、綿などのタオルに石鹸をつけた後、頭→背中→胸などの順番でやさしく洗っていきます。

脚や腕についてはもともと皮脂量が少ないため、手でやさしく洗ったり、1日おきに洗う程度で済ませましょう。

全体的に皮脂量が少ない人は、毎日石鹸を使うことは避けた方がよいかもしれません

皮脂量の一番多い頭に関しては、毎日洗ってもよいですが、胸や背中については2日に一度くらいのペースが最適です。

足や腕などについては、2日に一度の頻度でも少なくはありません。基本的に皮脂量が少ない場所は、シンプルに手で汚れを洗い落すことを意識しましょう。

足を洗う時に注意したいのが、足の指の間までしっかりと洗うこと。足指にはアカがたまりやすく、そこは匂いやすい場所でもあります。

指の間や爪までしっかりと石鹸で洗うことで、足の雑菌による繁殖や匂いを抑えることができます。

自分の肌状態や季節の変わり目により、洗い方を工夫する必要があるかもしれませんね。

ポイント④入浴剤で癒しのバスタイムを過ごしましょう!

ただ湯船につかるよりも、お気に入りの入浴剤を入れて香りを楽しみながら、バスタイムを過ごすことをおすすめします。

入浴剤は温浴効果によって、体を温めるなどの効果があります。

最近は保湿成分や酵素など、美肌によい成分を配合した入浴剤などもたくさん売られていますよね。

ラベンダーひのき爽やかな森の香りなど気分に応じて入浴剤を使い分けてみましょう。

とくに冷え性の方には、ミネラルや炭酸ガスなどの成分を配合したものがおすすめ。温浴効果をアップさせて血行促進にもつながり、冷え性を改善することもできます。

血行促進によって汗をかくようになれば、その分体内の毒素もデトックスできるので、リフレッシュ効果と同時に美肌効果も期待できるでしょう。

ポイント⑤半身浴で体の芯まで温まりましょう!

女性には冷え性の人が多いのが特徴です。そのため半身浴はとくにおすすめ。

なぜ女性には冷え性が多いのかというと、女性にはもともとエネルギーを作り出すための筋肉量が少なく脂肪が多いため、体が冷えやすいというメカニズムになっています。

女性の体感温度は、男性よりも3度ほど低いともいわれているため、空調などにも影響を受けて体が冷えたり、それにより肩こりや血流が悪くなるなどの症状がみられます。

冷え性を解消させて血行促進につなげるためには、半身浴がおすすめ!

37℃~40℃くらいのぬるま湯に30分ほど半身浴をすれば、のぼせることもなく冷えを解消することができます。そして体のうちまでしっかりと温まることができます。

ぬるま湯のお湯は、副交感神経を優位にさせる働きがあるので、ストレス解消や精神的なリラックス効果も生まれるでしょう。

毎日ぬるま湯で半身浴を続けることで、冷えにくい体質へと変わり美肌や健康増進にもつながります。

ポイント⑥湯船につかっているときは、マッサージでリンパの流れを解消しましょう

せっかく湯船につかっているわけですから、同時にリンパマッサージをおこなったり、背中や足首などをゆっくりと伸ばしてコリをほぐすなどのストレッチがおすすめ。

膝や腰などの関節をゆっくりと動かすことで、筋肉がほぐれて肩こりなどを解消できます。

さらに足の付け根や膝の裏側・鼠蹊部などをしっかりと指圧することで、リンパの流れが改善され足の疲れにも効果的といえます。

ポイント⑦ぬるめのお湯に入るか、熱めのお湯に入るかを使い分けましょう

入浴後すぐに就寝したいときには、熱いお湯に入ることはおすすめできません。

あまりにも熱いお湯に入ってしまうと、交感神経を刺激しすぎて安眠するためのメラトニンという脳内物質が分泌されづらくなります。

すぐに眠りたいときは、なるべくぬるめのお湯につかり、体をリラックスさせることがポイント。

入浴後は、20分~30分の間にベッドに入ると寝つきがよくなるといわれています。

逆にお風呂の後に少しだけ作業をしたい人は、熱めのお湯にささっと入ることで、目が覚めて仕事がはかどるでしょう。

しかしお風呂の後は湯冷めをして、風邪をひいてしまう原因にもなるので、体を冷やさないように注意しましょう。

美肌とバスタイムに関するQ&A

バスタイムで美肌や美ボディーを作るためのポイントについてはご理解いただけたと思います。

今から美肌とバスタイムにまつわるQ&Aについてご紹介します。

Q:温泉には美肌効果がうたわれた成分が、たくさん入っていますよね。しかし温泉の成分には、酸性からアルカリ性までいろいろな成分があると思います。どちらの方が肌に良いのでしょうか?

A:「肌は弱酸性がよくて、アルカリ性はよくない」そんなイメージを漠然ともっていませんか?

しかし酸性であってもアルカリ性であっても、すすいだ後は中性になるといわれています。

酸性であってもアルカリ性であっても、どちらも古い角質を落とすための角質溶解効果があるので、温泉に入ると肌がすべすべになるのです。

温泉には一種のピーリング効果と同じ効果が期待できるので、ニキビ跡やアトピーが改善されることもあります。

一方敏感肌の人や肌トラブルが多い人が温泉に入ると、逆に肌荒れをひどくするケースもあるので、肌がしみるなどの刺激を感じたときは長居はしないようにしましょう。

Q:汗をかくと体内の毒素をデトックスできるような気持になるのですが……。汗はかけばかくほど良いのでしょうか?

A: なぜか汗をたくさんかいた方が、新陳代謝がアップすると考えている人が多いようです。

しかし汗がでるから代謝がアップするのではなく、運動することで汗が出て代謝がアップすることは覚えておきたいポイント。

つまり運動をまったくせずに入浴だけで汗をかき、体内の毒素をデトックスできるとは言い難いでしょう。

汗が出る場所でもある汗腺については、定期的な運動によって汗が出やすくなるなどの症状はあります。

しかし汗のかきすぎについては、夏場は肌トラブルになったり汗シミの原因にもなりかねません。

湯船でいっきに汗をかくというよりも適度に汗をかく、またはかいた汗をキレイに洗い流すくらいの認識の方がよいかもしれません。

Q:バスタイムに何かおすすめのリラクゼーション方法はありますか?

A: 入浴剤を入れるのもよいですが、時にはアロマテラピーなどの精油を3滴ほど垂らしたりお気に入りのバスソルトなどを入れて、五感から癒されるバスタイムを過ごすのもよいでしょう。

もともと入浴剤の効能とは心理的なリラクゼーションがほとんど。

あなたの好きな香りを嗅ぎながらストレッチやリンパマッサージをして体のコリをほぐすことが、何よりのリラクゼーションになります。

入浴剤の中には保湿効果や発汗作用、血行促進などをうたったものもありますが、それらの効能については、そこまで期待しない方がよいといわれています。

保湿については正しい洗顔方法や後のスキンケアできちんと補うようにし、バスタイムではあくまでも精神的なリラクゼーションを堪能していただければ幸いです。

「鏡を見るたびに、シミやくすみが悪化している気がする..。」

自分の肌を見るのも憂鬱になる30代、40代。「えぇ、こんなところに大量のシミが!」と、気がついたときには手遅れになっているかもしれません。

10代や20代の頃に使っている化粧品からステップアップして、そろそろエイジングケアを考えたいですよね。

「できる限り、同じシリーズで揃えたい!」

「美白と保湿と、2つの願いを叶える化粧品ってあるのかしら?」

実は、あります。

そんなあなたにおすすめのエイジングケア化粧品を3点ご紹介したいと思います。

年齢を重ねるごとに気になってくる「シミ」

 

以前、美容皮膚科に行き、肌の状態をスキャナーで調べてもらったことがあるのです。そのときに医者に自分の肌内部の画像を見せてもらったのですが、

表面にでてきていない潜在シミが無数にあったのです!

シミはメラニンの塊。紫外線を浴びるとメラニン色素が黒色化し、メラノサイトが刺激され、将来のシミ予備軍である「メラニン」を作ります。

若い頃であれば、肌の新陳代謝により古い角質は自然に排出されていくのですが、年齢を重ねるごとにシミは肌の上に居座り続けてしまうのです。

このシミやそばかすを防ぐには、「メラニンの生成」を抑えることが大切なのです。

美白、シミケアに着目した「Brater(ブレイター)」

「タウンライフコスメ」から発売された3商品「Brater(ブレイター)」は、美白、シミケアに着目した化粧品。30代からシミに悩む方に最適な化粧品です。

現在でている化粧品は、以下の3種類の商品です。(すべて税抜価格)

  • 薬用ホワイトウォッシュ:3,980円
  • 薬用美白ローション:5,980円
  • 薬用美白エッセンス:7,980円

3商品ともパッケージがシンプルなホワイトで、手触りのよい厚い箱に入っており、洗練された高級感があります。

自分の肌もこんな風に白くなってくれたらいいのに..と、テンションがアップしますよね。

発売されてから全商品を取り揃え、約1ヶ月間使用してみました。

【Brater】薬用ホワイトウォッシュ

もちもち泡で汚れをしっかり吸着、その後の化粧水の浸透力をアップさせ、潤いバランスを整えてくれる洗顔料です。

 

容器から出したときは、まるで歯磨き粉のように硬いです。

この硬い成分は、国産天然粘土鉱物「ベントナイト」という弱アルカリ性の粘土。マイナスの電荷を帯びていますので、プラスの電荷を帯びた皮脂やメイクなどの脂汚れや古い角質などを吸着して流してくれます。

 

 

泡立てネットで泡立てると、こんなにも泡立つとは!ペタッと垂れてしまうことなく、きめ細かい泡がしっかりと泡立ちます。

肌につけると、ピタッと吸着。特に気になる鼻の際もしっかりと洗われている感じです。

頑固な黒ずみや固い角栓は取れませんが、洗い終わった後はキュキュッと気持ちがいい!

洗浄力が強そうと思いますが、オールシーズン使えるぐらい、洗い終わったあとはしっとりとします。

【Brater・ブレイター】薬用ホワイトウォッシュ

【Brater】薬用美白ローション

薬用美白ローションは、美白、保湿、アンチエイジングを同時に叶える化粧水。ヒアルロン酸のほかに、以下の医薬部外品指定の美容有効成分が3種類入っています。

  • アルピニアカツマダイ種子エキス
  • トラネキサム酸
  • 党参抽出物加水分解液

さらに、天然植物由来の美白有効成分「油溶性甘草エキス」を独自のカプセル技術でナノ化して配合しているため、肌の奥まで美容成分がぐんぐん浸透していきます。

 

 

肌の上にのせると、とろ?っととろみが!肌の上でなじませたあとは、手に吸い付くようにモチモチ肌に。しばらくするとサラサラに変化します。

保湿と美白、両方を同時に叶えたい人には、ぴったりの化粧水です。

【Brater・ブレイター】薬用美白ローションの購入はこちら

【Brater】薬用美白エッセンス

美白、保湿、アンチエイジングを同時に叶える美容液です。

薬用美白ローションと同じ3種類の美容有効成分と13種類の保湿成分を配合、ビタミンC誘導体とプルーン酵素分解物がダブルで配合され、美白の相乗効果があります。

 

 

スポイトつきのガラスの瓶に入っており、スポイトを持つとトロ?ッとした液体がでてきます。ただし、出しすぎるとベトベトになるので要注意!

薬用美白ローションの後につけると、さらにしっとりもちもち肌になります。1滴で十分顔全体に行き渡りますので、使用量が少なくて済みます。

首やデコルテにも使ってみましたが、1本で1ヶ月もちました。

私の肌、「無印良品」の敏感肌用化粧水ではないと真っ赤になってしまいますが、美白ローションと美白エッセンスともに1ヶ月使い続けても、全然大丈夫でした。

【Brater・ブレイター】薬用美白エッセンスの購入はこちら

お得な定期便あり。まずは試してみよう

1ヶ月試してみた結果、くすみが解消され、シミが目立ちにくくなってきました。シミのレーザー治療に行けば何万円もかかりますので、コスパはとてもよくなりました。うれしい?!

シミやシワが気になる方以外にも、Braterは以下のような方にもおすすめです。

  • 肌荒れ、毛穴の開きが気になる方
  • 刺激の強い成分ではなく低刺激の無添加処方で、しっかりと洗い流したい方

「お値段が高くて買えないわ。」という方におすすめなのが定期コース。例えば薬用美白エッセンスが62%OFF(7,980円→2,980円)になります。

全国送料無料、30日間返品保証・いつでも解約可能ですので、ぜひ1度試してみてくださいね。

【Brater・ブレイター】薬用ホワイトウォッシュ

【Brater・ブレイター】薬用美白ローションの購入はこちら

【Brater・ブレイター】薬用美白エッセンスの購入はこちら

  • この記事を書いた人

管理人

美容が大好きな一般的な会社員です。 自分なりに調べた美容方法やスキンケア、アンチエイジング等についてまとめています。

-ボディケア

Copyright© ハダレボ -美肌レボリューション - , 2020 All Rights Reserved.